2019/5/23【超集中!】早稲田キャンパスの穴場勉強スポット4選

タグ :

#キャリア観
#キャンパス

written by

智朗手塚

手塚智朗早稲田大学商学部4年

1997年7月17日 北海道出身 早稲田大学商学部。中学時代、バスケ部の部長として“孤立”をした経験から「個の価値観」について興味を持つ。主に人材×ITの領域で就職活動を行っていた。現在は「面白い男になる」という生き方の軸を追い求め休学を決意。3人の友人の協力のもと早稲田特化型メディア『わせディア』を立ち上げる。中学生時代から約10年のヒップホップ愛聴家。

早稲田は絶好の勉強場所

こんにちは。DJてづろうです。テスト期間が近づいてきましたね。テスト前は図書館から各自習室まで本当に大混雑。自分の席を探すのもひと苦労だし、運良く見つかったとしてもせせこましくてなんか集中できない。今日はそんな悩める勉強家たちにとっておきの穴場勉強スポットを紹介しちゃおうか。公式じゃないので、グレーゾーンもあるかなあとは思います。確認を取ってから利用しましょうね。

1.【7号間】7-6教室

まずはこちら。知っている方も多いかもしれませんね。
今回は特にこのブースをご紹介。7号間といえば、学生が勉強や会議をする環境が揃っている建物なのですが予約が必要でちょっと手間です。
しかし7-6のこちらのブースたちだけは予約が入らないんですね。充電環境が整ってる!何よりこの仕切られた感じが良い!自分だけの空間で漫喫のような気分が味わえますね。じっくり集中するも良し、寝るも良し(本当はダメ)

穴場度    C
WiFi・充電   A
騒音     B
立地     A

2.【6号館】「C Space」

続いては7号館の隣社会学部の正面に構えるこちら。2017年からオープンしたC Space。就活生の支援をするキャリアセンター(文キャン)の分室として開設されました。ここでは就活講座から企業説明会まで、まさしく就活部屋という形で使われますが、それ以外の空き時間はいつでも利用可能です。充電環境もWiFiもバッチリ。設備も新しくて快適です。「就活関係の利用に限る」との注意書きがありますが、誰だって利用OK。だって現在は新卒通年採用。早大生はみんな“就活生”なのですから。

穴場度   B
WiFi・充電 A
騒音    A
立地    B

3.【22号館】B1Fコンピューター自習室

続いてはこちら、穴場スポットというには相応しくないのかもしれません。早稲田キャンパスの西門側に位置するこの施設。何がすごいかって、24/7で開室しているってことなんですよね(一部休業期間を除く)。もちろん早稲田大学のネカフェという扱いになるため、独特のおどろおどろしい雰囲気が漂っています。なぜあえてこの場所をあえて穴場スポットとして紹介したか。それは“ある行為”における穴場でもあるからなんです。22号館はその利用性格からか、フシダラな噂が絶えません。あくまで噂だと割り切っていたのですが、筆者もついに現場を目撃してしまいました。。。火のないところに煙は勃たないということでしょうか。この穴場をどう使いこなすかはあなた次第ということです。

穴場度  (S)
WiFi・充電 B
騒音    B
立地    B

4.【7号館】2F空き教室

いやーここは穴場中の穴場でしょ。はじめに紹介した7号間。その二階に小綺麗な教室がたくさんあるのですが、ここは使われないことが多い!つまりこれらの数ある空き教室たちが全部使い放題なんです。注意されることはほとんどありません。そしてまだ多くの早稲田生が気づいてない(もしくは自粛してる?)ため、どんなに他の場所が混んでいる時もここだけは空いております。誰にも邪魔されることなくこの空間をお使いください。

穴場度   A
WiFi・充電 A
騒音    A
立地    A

おわりに

いかかでしたでしょうか。ざっくりと4項目で評価をしてみましたが、それぞれ利用目的によって微妙に相性が異なってきます。ぜひ自分の体験によって確かめ、それぞれの良いところを存分に生かして利用してみてください。
この他にもこの春大改修をして本当に美しいスペースとなった「中央図書館」や、大学第三のキャンパスと呼ばれる「知るカフェ」など、利用すべき勉強場所は多数あります。これらの記事も随時公開していくのでぜひ楽しみにしていてください!

※【大改修!】新しくなった早稲田中央図書館の勉強が超快適!
※【第三のキャンパスって?】名門大学のそばに位置する“知るカフェ”徹底調査!

関連記事