2019/08/01「好きなように生きる。」早稲田OBの水煙草屋オーナー竜ノ介さんの人生観とは

タグ :

#インタビュー
#キャリア観
#シーシャ

written by

煙ちゃん

煙ちゃん早稲田大学文学部4年

気づいたら水煙草屋の店員に。将来の夢は、成城石井と伊勢丹で買い物をする妻になること。

竜ノ介さんのプロフィール

早稲田大学第一文学部卒業。卒業後、様々な仕事を経験したのち、水煙草屋で働き始める。その後独立し、水煙草屋「はちグラム」を経営。

本インタビューでは、異色な経歴の裏にある彼の価値観について掘り下げる。

竜さんの学生時代

煙ちゃん(以下煙) : 竜さんって、どんな早大生だったんですか?

竜ノ介さん(以下竜さん) : とりあえず、頑張っていたことは演劇です。演劇クラブっていうサークルに入っていました。そもそも、早稲田に入りたかった理由って、演劇がやりたかったからなんですよ。僕は神童で(清々しいくらい堂々と)、偏差値84.4とかあったんです。早稲田の文系は全部受けたんですけど、当然、全部合格しました。みんな将来のことを考えて、当時も一番偏差値が高かった政経を勧めてくるんですよね。だから、文学部を選びました(笑)。授業は2割くらいしか出ていなかったかなぁ。

煙 : え、それで単位取れたんですか?

竜さん : うん、神童だからね!(笑)ただ、卒論は書かなきゃ卒業できないじゃん?なので、5年間大学に行きました。

一同 : 爆笑

一切しなかった就職活動

煙 : 大学卒業後、水煙草屋を開くまでの経歴を教えてください。

竜さん : 実は一切就職活動はしなかったんですよ。自分の人生をそのタイミングで決める価値観は僕にはなかった。もしそこで有名企業やお金がたくさんもらえる仕事に就いてしまったら離れられなくなると思ったし、当時、やりたいこともわからなかったから就職活動はしなかった。だけど、卒業間際に、知り合いの会社から声をかけられて、条件はそんなに良くなかったけど、やってもいいかなと思ったから営業職に就きました。一年くらいそこで働いたかな。

煙 : え、じゃあその就職先がなかったらどうされてたんですか?

竜さん : 多分、普通にバイトしてたんじゃない?だって別に正社員になろうなんて思ってなかったもん。自分が好きなように生きられればそれで良かったからね〜。「やりたくないことはやりたくない」「動機がないこともやらない」っていうのが僕の考え方。

煙 : 営業職の後は何をされたんですか?

竜さん : その次は某大手眼鏡屋さんのコンタクト販売部門で働きました。

煙: それはなんでやってもいいと思ったんですか?

竜さん: それはねえ、コンタクトレンズが安く買えたから(笑)それだけの理由です(笑)

一同: 笑笑

竜さん: その後は、マッサージ屋です。人に優しく触れる方法を知りたかったんだよね。で、世界一周旅行に行った。そういえば、世界一周中に水煙草に出会ったんだよね。チリでコロンビア人に誘われて行ったなぁ。

世界は本当にあるのか

煙: あ、世界一周の話聞きたいです!動機は何だったんですか?

竜さん: 世界ってあるのかなと思ったから、確かめに行きました。僕、自分の目で見たものしか信じないんですよ。テレビで海外の情勢がどうですとか、報道されているじゃないですか。その報道は正しいかもしれないし、正しくないかもしれない。メディアって、ヤラセも多いじゃないですか。それは、実際行ってみなきゃわからないと思ったんだよね。だから、世界一周をして確かめた。

煙: 世界一周して、価値観が変わったとかはないんですか?世界一周旅行っていうと、「自分探し」とか、「殻を破る」とかが一般的な理由だと思っていたのですが。

竜さん: 世界一周したって価値観は変わらないよ(笑)なんで変わるの?って逆に聞きたい。ただ、その人なりの答えや根拠や基準があって、それを求めるには世界を一周しなければいけないというのなら納得できるね。そういった理由は夢、幻だね!世界一周旅行は楽しかったけど、特にそれで何かが変わったわけではないな。あくまでも、世界が本当にあるのかを確かめに行ったから、その時点で僕の目的は達成しているんだよね。

一同: なるほど〜!

煙: 世界一周中に水煙草に出会ったことが人生の転機になったわけではないんですか?

竜さん: うーん、世界旅行中、たまたま誘われて吸いに行って、帰国後たまたま家の近くに水煙草屋があって、通っているうちに働かないかって声をかけられて水煙草屋になったんだよね。たまたまが重なって今に至るって感じかな。僕は、人生において、流れを大事にしていて、後悔する選択はしたくない。自分起点で人生を動かしているわけではないんだけど、常にアンテナを張って、様々な情報の中から、自分の人生に必要だと思ったものだけを拾ってる。その時その時で、人と会った意味を考えて、判断してる。こうすると、選択肢がいろいろ生まれて、生きてるだけで機会を得られるよね。僕は情報をキャッチする能力があるから、結果的に流れに身を任せて生きていることになるね。

早大生へのメッセージ

煙: それでは最後に、竜さんのキャリア観や人生観を踏まえ、早大生へのメッセージをお願いします!

竜さん: 人間ってすぐ死ぬでしょ?っだったら楽しく生きたいじゃん。給料が良かったり、キャリアアップにつながる商社やメガバンクとかに入るのは、それはそれでいいと思う。お金という価値観は重いからね。ただ、お金がないとできないこともあるけど、お金があっても何もできない人とか、楽しく生きていけない人もいる。世間は、お金と幸せが結びついていると考えがちだけど、実は、年収が1500万を越えると、幸せ指数は変わらなくなるデータがあるんだよ。要するに、お金の価値ってそんなもので、持ちすぎても意味がない。お金を重視しすぎるが故に、選択肢を失うのは勿体無い。お金と何かを天秤にかける事があるのならば、どっちが自分の人生にとって大事なのか考えて欲しい。お金を求めることで失うものもあるかもしれないってことを忘れずに行動することが大切だと思うよ。もちろん、お金は大事だよ。世の中の98%はお金で買える。みんな、それぞれ好きなようにすれば良いと思うけど、やりたいようにやっても良いと思う。

煙: 本日は、貴重なお話ありがとうございました!

店舗情報

今回は、はちグラム吉祥寺店で取材させていただきました。
お時間を割いてお話を聞かせてくださった竜ノ介さん、美味しい水煙草を作ってくださった従業員の皆さま、本当にありがとうございました!

早稲田の卒業生が経営する素敵なお店なので、みなさんも是非、足を運んでみて欲しい。

お店のHP→http://shisha-8g.com/
竜さんのtwitter→

はちグラム高円寺店
高円寺駅南口すぐ

はちグラム吉祥寺店
吉祥寺駅西改札アトレ本館口から徒歩五分

続編あります!!

今回の記事には収めきれなかった竜さんのシーシャ、そして業界に対する想いを込めたインタビュー続編です。
乞うご期待あれ!

そもそもシーシャってなんだ?って思った方はこちらの記事をお読みください!
【完全解説!】WHAT is SHISHA?? 

関連記事